株式投資とは?初心者でもわかる!始める前に知っておくべき知識

株式投資とは?初心者でもわかる!始める前に知っておくべき知識

老後資産形成の目的などで、副収入を得る人が増えてきた昨今、株式投資に対する関心も高まっている。

その一方で『株式投資=難しそう』というイメージが未だに払拭できていない。

株式投資は、自己の資産を増やす手段としてとても有効な手段であるが、リスク度も高い

何も知らずに始めるのは、難しかったり怖かったりするのは当然だ。

そこで今回は、初心者にもわかりやすく、株式投資について網羅的に紹介していく。

 

株式投資とは

株式投資とは

株式投資とは、株式の売買や配当によって収益を得る投資手法だ。

企業(株式会社)が発行する株式を購入し、株価が上昇したときに売れば売却益(キャピタルゲイン)を得られる。

一方で株式を保有していればインカムゲイン(配当金)を得られる。

そもそも、投資といえば不動産投資や金投資などさまざまな手法が存在する。

その中で、株式投資はもっともポピュラーであり、比較的手を出しやすいのが特徴である。

しかし、株式投資は現金や銀行預金と同じ“金融資産”であるために注意が必要だ。

お金などの金融資産は、その“モノ”自体は無価値である。

しかし、その価値を日本銀行が保証しているために、通貨として通用する。

株式投資も価値が変動するモノに投資を行うということである。

しかし、株式を保有することで、さまざまな“権利”を得られる。

まずは、株式とは何かについて知るとともに、株主の責任や権利について詳しく解説していく。

 

株式とは

株式とは、企業が出資者に対して発行する証券のことである。

企業は新たな事業を始めようとしたときや、事業の存続のために、多額の資金を必要とする。

もしも自己資金のみで足りなければ、資金を調達しなければいけない。

資金を調達する方法は、銀行で融資を受けたり、社債を発行したりなどさまざまである。

そして、資金調達の手段の1つが“株式の発行”である。

出資者が企業にお金を払い、出資者は企業から株式を付与される。

ただ、先程も紹介したように、株式自体はまったくの無価値である。

その株式の価値を保証しているのは、各企業である。

つまり、出資している企業が倒産してしまえば、本物の無価値資産になってしまう。

 

株主の責任や権利について

企業に出資を行い、株式を付与されている者のことを“株主”と呼ぶ。

株主には3つの権利と1つの責任がある。

まずは、株主が持つ権利について詳しく解説する。

【議決権】

株主の権利の1つとして、議決権という権利が存在する。

議決権は、株主総会で行使が可能な権利である。

株式会社は、毎事業年度の終了後一定の時期に必ず株主総会を開催しなければいけない。

開催については、会社法という法律によって義務付けられている。

上記の株主総会を定時株主総会と呼び、他には臨時株主総会が存在する。

いずれの株主総会も経営方針の決定や役員の人事、企業の利害などを決定するために行う。

言うなれば“会社のあらゆることを決定できる最高機関”である。

議決権とはつまり、最高機関である株主総会に参加し、決定するための票を与えられるということだ。

議決権は保有株式数によって変動する。

いずれにしろ、企業の経営に携わる権利が与えられるという点では変わりない。

【剰余金配当請求権】

株主の2つ目の権利として“剰余金配当請求権”がある。

剰余金配当請求権とは、配当金請求権とも呼ぶ。

出資している企業で利益が発生すれば、配当を請求できる権利である。

配当金の他にも株主優待などを得られるのも株式投資の醍醐味だ。

【残余財産分配請求権】

3つ目の権利として残余財産分配請求権という権利がある。

残余財産分配請求権は、出資していた企業が解散した際に行使できる権利だ。

企業の解散とは、営業活動を終了して会社を終了させる決定をすることである。

解散は、業績の悪化、後継者が見つからない等の事情で存続できなくなった際に行われる。

企業の解散は通常、株主総会の特別決議によって行われる。

特別決議は議決権の過半数を有する株主が出席し、株主3分の2以上の賛成が必要となる。

企業が解散した際に、会社は、資産を整理する手続きに入る。

債権を回収、債務を弁済し、最終的に残った資産については、保有株数に応じて株主に分配される。

逆に言えば、負債を返済して資産が残らなければ一切返金されることはない

ここまでは、株主の3つの権利を解説した。

続いては、株主が持つ1つの責任について解説していく。

【株主の責任について】

株主の責任とは、

会社法上、その有する株式の引受価額を限度とするとなっている(会社法104条)。

つまり「株式を取得した時に支払ったお金を失う可能性はあるが、それ以上にお金の支払い義務を負うことはない。」ということである。

企業が倒産しても、出資していた金額以上の損害を被ることは一切ない。

しかし、出資していた金額が一切戻らない可能性もある。

 

株式はどこで売買できる?

株式の購入は、証券会社を通じて行わなければいけない。

そのため、株式投資を行うためにはまず、証券会社で取引口座を開設しなければいけない。

取引口座を開設する方法は、インターネットもしくは店頭だ。

もちろん、銀行口座と同じように審査もあるが、決して厳しいものではない。

株式投資は年齢制限もないため、何歳からでも始められるし、安い株であれば数万円から購入できる。ただし、未成年者の場合は親権者の同意が必要である。

株式投資を始める際のハードルが比較的低いのは株式投資の特徴だ。

無事に口座の開設が完了すれば、実際に売買を行ってみよう。

注文方法には指値注文や成行注文がある。

買い注文すべてが成立してはじめて、購入が完了する。

購入後は、株式を保有していて配当金を得ても良いし、売却して売却益を得ても良い。

 

株価の変動要因

株価の変動要因

株価の変動要因は、主に下記の3つで変動している。

・会社の業績や将来性

・日本や世界経済の影響

・金利と為替

もちろん、他にもさまざまな要因で変動をしている。

例えば、2020年世界的に新型コロナウイルスが流行している。

新型コロナウイルスの影響による世界中での活動自粛に起因し、消費活動が衰退、世界経済全体が著しく衰退している。

日経平均株価も下がり、NYダウ平均株価もリーマンショック以来と言われるほどの下落を記録した。

ただ、このような世界的ピンチを、チャンスに変えてしまう企業はたくさん存在する。

株価の変動要因についてもう少し深く掘り下げて解説していく。

 

会社の業績や将来性

株価の変動要因はすべて、“会社の業績と将来性”によって決まると言っても過言ではない。

とても単純な話だ。

企業の業績が悪化すれば、株価は下落するし、業績が良好であれば株価は上昇する。

ただそれだけだ。

しかし、今現在、業績が良くても、将来的に悪化する可能性が高ければ、株価は下がるだろう。

反対に、現在の業績が悪いが将来に向かって回復する見込みがあれば、株価は上昇する。

例えば、新型コロナウイルスが蔓延している日本では、全国一斉休校要請がされた。

休校要請によって、大幅に業績が悪化してしまう企業も多く存在するだろう。

反対に、業績が上がる企業もたくさんある。

例えば、オンライン学習を提供する会社や動画配信サービス会社、ゲーム会社。

おそらく、これらの会社の業績は伸びることだろう。

このように世界的ピンチによって業績が伸びる企業も存在する。

いかにして将来予想を立てられるかこそが、株式投資で成功するために必要だ。

 

日本社会や世界経済の影響

国内の景気動向や自然災害、世界情勢や世界経済はすべて各関連企業の業績に直結する。

このように、日本で起きている実情のみならず、世界中で起きている情勢や経済環境はすべて、株価に直結している。

 

金利と為替

金利や為替は、あまり株式投資と関連性がないのでは?と思われがちだが、実際は密に関係している。

一般に、金利と株価はシーソーであると言われている。

企業は、新規事業を始めようと考えれば、銀行などから融資を受けて、事業を行なうのが一般的だ。

そのため、金利が低ければ低いほど、企業はお金を借りやすくなり、事業や設備投資がしやすくなる。

また、支払う金利も少ないため、結果として企業の業績が上がり、株価も上昇する。

反対に、金利が下がれば、企業はお金を借りにくくなる。

結果として、世にお金も回らなくなるし、企業がお金を借りていたとしても、金利負担が大きくなる。

結果として、少なからず企業の業績悪化につながり、株価が下落する。

つまり、“金利が下がれば株価は上昇し、金利が上がれば株価は下がる。”ということだ。

また、為替も、株価の変動要因として大きな影響を与える。

基本的には、円高になれば株安になる反対に円安になれば株高になる。

円高で株安?はたまた円安で株高?と疑問に思う方も多いことだろう。

そもそも、円高とは、より少ない日本円で、より多くのものを海外から入手できるということだ。

日本に住む者にとっては、最高の状態であるし、旅行にも最適だ。

しかし、円高であれば日本の株価は安くなるのが一般的だ。

その理由は、海外で日本製品や日本のサービスが売れなくなってしまう可能性を懸念しているためだ。

円高とはそもそも、他国通貨から見た日本円の価値が上がっているということである。

ついこの間までは、1ドルで購入できていた日本製品のものが、現在は、2ドル出さなければ買えないなどのような状況だ。

海外に住む人からすれば、購入意欲が削がれてしまうのは当然である。結果として、日本製品が売れなければ、企業の株価も下落する。

すべてが“個”のように見えて実は、すべて“つながり”がある。

 

株式投資のメリット・デメリット

株式投資のメリット・デメリット

株式についてある程度把握できたところで、株式についての興味も増してきたのではないだろうか。

しかし、株式投資を始める前にまず、株式投資のメリット・デメリットについても知っておくべきだ。

次に、株式投資のメリット・デメリットについて詳しく紹介していく。

 

株式投資のメリット

株式投資の主なメリットは3つだ。

・配当金(株主優待)

・売却益に期待ができる

・経営に参加できる

それぞれ詳しく解説していく。

【配当金(株主優待)】

株主には、剰余金配当請求権があるため、企業に対して配当金を請求できる。

ただ株式を保有しているだけでも、企業の実績に応じて配当金を得られるのだ。

さらに、各企業に応じた“株主優待”が得られるのも、株式投資のメリットである。

株主優待とは、各企業の商品などを株主に対して贈るものである。

企業は「弊社の株式を保有してくれてありがとうございます。」という気持ちで贈るのだ。

配当とは別で、保有株数に応じてさまざまな商品を贈ってもらえる。

株式投資を行っている方の中には、株主優待目的の人もいるほどだ。

【売却益に期待ができる】

保有している株式の価格が上昇した際に売却すれば、売却益を得られる。

もちろん値下がりしてしまうリスクも十分に考えられるが、保有していれば株主優待や配当を得られるのが、株式だ。

【経営に参加できる】

株を保有しているということは、当該企業の一部を保有していることと同じである。

そのため、経営にも参加できるし、会社の方針を決定するための議決権も持てる。

議決権については、保有株数に応じて決まる。

より多くの株を保有していれば、議決権を多持てるため、会社の方針を決定しやすくなる。

会社の方針とは、役員の選任や解任、会社のルール決定などである。

決議券を持ち、会社に対して意見をした結果、会社が成長すれば自分自身にも大きなリターンが得られる。

株式投資は、良くも悪くもブーメランである。

 

株式投資のデメリット

株式投資のデメリットは3つだ。

・初期投資額が高い

それぞれ詳しく紹介していく。

【初期投資が高い】

投資信託などの投資は、数百円から数千円程度から始められる。

一方で株式は、100株単位からしか購入できない。

1株500円の株式を購入しようとしても、5万円の初期投資が必要だ。

株式投資を始めるのであれば、最低でも数万円の資金を準備しておく必要がある。

【価格変動リスク】

投資を行う上で絶対に避けられないのが“価格変動リスク”だ。

株価は常に変動しているため、自分の思い通りに変動しなければ、大きな損害を被る可能性もある。

【流動性リスク】

他の投資ではあまり考えられないが、株式投資では流動性リスクがある。

流動性リスクとは、自分が思ったときに買えないもしくは売れないという現象だ。

当然に株数には上限があるため、自分が買いたいと思った枚数分の売りがない可能性もある。

誰もが知るような大企業であれば、上記のようなことは発生し難い。

しかし、あまり知られていないような企業であれば、流動性リスクが高まる。

【倒産リスク】

投資している企業が、業績悪化などによって、倒産してしまうリスクもある。

もしも投資している企業が倒産してしまえば、保有している株式はまったくの無価値になる。

銘柄選びも当然ながら、株を保有している企業の企業動向にもしっかりと注目しておくことが大切だ。

 

株式投資を行う際の注意点

株式投資を行う際には、下記のことに注意していただきたい。

・徹底的に勉強その後に実践

・損小利大の徹底

・信用取引は慎重に

注意点についてもう少し詳しく解説する。

【徹底的に勉強その後に実践】

まずは、徹底的に勉強をすることだ。

株式投資に関する有名な本を最低でも10冊すべて、頭の中に叩き込もう。

しかし、勉強ばかりでは意味がないのが注意点だ。

徹底的に勉強をすれば“わかった気になる”ものだ。

しかし、実際には“基礎中の基礎”ができたまでだ。

徹底的に勉強をした上で、もっとも重要なのが“実践”だ。

実践を重ね、失敗と成功をくり返すことで、自分の投資手法ができあがっていく。

【損小利大の徹底】

人の心理はいたってシンプルだ。

含み損が発生すれば“いつか戻る”と思って保有し続けてしまう。

含み益が発生すれば“早めに利益確定てしまいたい”そう思ってしまう。

結果として、損大利小になってしまう。

投資を行う上で、利益だけを出し続けることはできない。

どれだけ立派な投資家であってもだ。

皆必ず損を発生させている。

唯一勝ち続けられる人と、負け続ける人の差は、“損小利大”か“損大利小”かだ。

間違えたと思ったら早めに損切り、まだ上がると思ったら、上がりきるまで待つ。

上記のことをできるかどうかで勝敗が分かれると言っても過言ではない。

【信用取引は慎重に】

株式投資には信用取引という取引方法がある。

信用取引とは、自分のことを信用してもらって、自分が所有する資金以上の取引を行うことだ。

信用取引は最大で3.3倍まで利用可能であり、100万円の資金があれば330万円の取引が可能となる。

もちろん多額の資金を投資すれば、多額のリターンに期待ができる。

しかし、キャパオーバーの損害を被る可能性もある。

自己資金が増えれば増えるほど信用取引ができる金額も上がる。

信用取引を行う際には、慎重に考え行うべきだ。

 

株式投資で上手に資産を増やそう(まとめ)

株式投資で上手に資産を増やそう(まとめ)

株式投資は、配当金や売却益で資産を増やせる。

言ってしまえば“不労所得”に近いものだ。

もちろんリスクやデメリットも多く存在するが、成功できれば不労所得を得られる。

株主優待での生活だって夢ではない。

最後に紹介した、株式投資の注意点などを参考に、リスクヘッジを適切に行い、株式投資を成功させよう。

富田FP事務所 代表 ファイナンシャルプランナー
2019年度MDRT成績資格会員(8年連続MDRT成績資格会員)
ゴールドマン・サックス証券会社等、複数の金融機関にて勤務し、金融業界のノウハウを学ぶ。2007年 独立して、株式会社フォーチュンフィールド設立。富田FP事務所として、独立系FP、独立系IFAを含め、証券会社、保険会社、保険代理店、にて金融業界の知識を活してプロフェッショナルの事業を行う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です